蔵番の冷蔵保存は一般の冷蔵・冷凍保存とは違い、0℃から-5℃の温度帯でも水分子がスピンを起こすことによって食材を凍らせることがありません。食材の旨みを引き出し、冷蔵よりも長期間の保存が可能なのに多くの解凍時間を必要としない画期的な保存方法です。(※設定温度は食材ごとに異なります。)

それは非熱エネルギーを食品に与えることにより、今まで相反する効果と言われていた、「鮮度」と「熟成」の両立に成功したためです。細胞内で酵素活性による、タンパクからアミノ酸への分解により旨みが増加したと考えられています。また、プラズマオゾン装置と電磁場効果によるオゾンの発生で、細菌の増殖が抑えられ、且つ殺菌効果が認められました。

蔵番販売パートナー様募集
蔵番の導入を検討しているお客様

究極の鮮度保持能力

n-TeFeエネルギーの制菌作用で、
細菌の繁殖を抑制。
優れた抗菌効果で食品の腐敗を抑えます。

牛肉、豚肉、鶏肉、魚介類でアミノ酸の増加を確認

旨味成分といわれるアミノ酸の種類は100以上あり、通常の豚肉と蔵番(KuraBan)で熟成した豚肉とを比較し、代表的なアミノ酸群の含有量を検証すると、基礎代謝量を増加させるアルギニン、人間の体内で合成できない必須アミノ酸のロイシンや脂肪燃焼を助けるアラニン、旨味成分として有名なグルタミン酸などの増加が特に目立ちます。

鮮度を保ちスピード熟成

食材の劣化を抑制しながら熟成を促進。
n-TeFeエネルギーによって、
タンパク質の酵素分解を活性化します。

冷凍から冷蔵へ。品質向上による付加価値UPを

蔵番(KuraBan)の鮮度保持効果は、これまで様々な食材で驚異的な威力を発揮しています。例えば、ライフサイクルが短くて、仕方なく冷凍保存していた食材も、蔵番なら長期冷蔵保存が可能。解凍する工程も省け、傷みやすい生鮮食材保管に最適です。

ドリップ抑制高品質解凍

冷凍品の解凍プロセスに間に生じる
ドリップを抑制し、
品質も飛躍的に向上します。

非熱エネルギーと温度コントロールが高品質解凍を実現

もともと解凍装置として開発された蔵番(KuraBan)。比熱エネルギーと温度コントロールで解凍時におこる細胞の破壊、ドリップを抑え、食材を高品質に保ったまま解凍します。また解凍時に、凍結品の中心と表面部分がほぼ同じ速度で解凍させる現象が確認されています。

食材別の導入効果

  • 精肉

    鮮度を保持しつつ熟成度アップ!

    1. 表面の乾燥も少なく通常冷蔵庫より最大3倍鮮度を保持
    2. 内臓系またホルモン系は通常2日限度が蔵番では1週間以上使用可
    3. 脂身の臭みがなく熟成による旨みが出てクオリティの高い商品に
  • 鮮魚

    ドリップを減少させ鮮度を保持!

    1. 劣化の早い青物鮮魚でも最大3倍程度鮮度を保持
    2. 昆布はアミノ酸数値が増加しダシが数回可能
    3. 劣化する過程で出る臭みも抑えドリップが減少
  • 青果

    野菜や果物の鮮度を保持!

    1. 青果本来の鮮やかな発色を長時間維持できる
    2. 蔵番解凍機でドリップが出ずそのまま提供可能
    3. 野菜や果物の鮮度を保持

当社は『蔵番』の技術開発元マーズカンパニー社から公式に認定された正規販売元です。